2017年11月16日

東大生が読んでいるという本

先日、テレビで
番組のタイトルは忘れましたけど
最近流行っているというか、クイズ番組・・だったと思います。

東大生が出てくる番組で
東大生が読んでいる本から出題されていました。

なので、当然 東大生はこの本を読んでいますよ~みたいな。


東大生と言っても
いろんな人がいると思うけれど
さすがテレビに出てくる人はすごいな~と思いますね。

凡人とアタマの作りが違うんじゃないだろうかと思います。

ひらめきというかイメージというか
ひとつのも事象からいろんなことを連想できる、
もちろん知識があっての事だと思いますが
ほんとにすごいのひとことです。

記憶力もハンパじゃなさそうです。


東大生が読んでいる本は確か100冊くらい紹介されたと思いますが
私の記憶力も凡人並みだし
最初から最後まで一生懸命に見ていた訳じゃないので
上位15くらい、紹介しようと思います。


で、ちょっとうれしくなったのが
ほとんど
読んだことがあったり名前を知っている本だったんですよね。

以下、テレビで紹介されていたほんの一部です。

・銀河鉄道の夜(宮沢賢治)

・雪国(川端康成)

・蛍の墓

・枕草子(清少納言)

・資本論(マルクス)

・罪と罰(ドストエスフキー)

・細雪(谷崎潤一郎)

・伊豆の踊子(川端康成)

・二十四の瞳(坪井栄)

・吾輩は猫である(夏目漱石)

・スーホの白い馬

・舞姫(森鴎外)

・車輪の下


これら中から出題された問題にパパッと答えるくらい
読み込んでいたのかと思いました。

私の場合は
内容は忘れてしまいましたけど。

また読み返そうと 改めて思いました。


  


Posted by ひるのひととき at 11:44Comments(0)

2017年11月10日

「伝え方が9割」という真実

「言いたいことがあるのにうまく言えない、伝わらない。」とか
「そうじゃないのに 違うようにとられてしまった。」なんてこと、
経験ありませんか?


仕事でも友達同志でも
なかなか伝わらないってこと、ありますよね~

私なんか しょっちゅうで、
口下手なんですよね~

文章でうまく伝わらないから
電話で、とか 直接会って・・と思っても
言いたい言葉が思うように出てこないことが良くあります。

スラスラと流暢に話す人がうらやましくて仕方がありません笑


で、人に紹介されて読み始めたこの本「伝え方が9割」。

まだ途中なんですけど
なるほどな~と思います。


人に思いを伝えるなんて、
もって生まれた才能だと思っていたんですが
そうではなく、鍛えれば上達するようです。

この本の著者はコピーライターの佐々木圭一さん。


もともと、書くことは苦手だったんだそうです。

ちょっと佐々木圭一さんについて ご紹介しますね。

コピーライター、作詞家、上智大学非常勤講師の3つの顔を持っていらっしゃいます。


上智大を卒業後、
博報堂を経て、株式会社ウゴカスへ。
もともと伝えることが得意じゃなかったのに、
コピーライターとして配属されたそうです。

苦労されたそうですけど
その苦労が今につながっているんだろうなと思います。

ある時に、伝え方には技術があることを発見されました。

その後、数々の賞を受賞され
シェラトンホテル、アサヒビールなどの
クリエイティブディレクターとして活躍されているそうです。

郷ひろみさんやChemistryの作詞もされたんだそうですよ!

著名な方の活躍の裏には
多大な努力があるんだなと思いました。


この「伝え方が9割」は
その体験と発見したの技術を赤裸々に書かれたものです。

まんがバージョンもありますが
私は活字のほうを読ませていただいています。

目次を読んだだけでもワクワクします。

「ノー」を「イエス」に変える技術も書かれていて
とても興味深い本です。

まだ最後まで読んでいないんですけど^^;


じっくりと読もうと思っています。



  


Posted by ひるのひととき at 15:20Comments(0)

2017年10月16日

コーヒーが冷めないうちに・・・だったかな

秋が深まってきて 読書によい季節になりましたね~

最近は読書離れなんて言われているけれど
そんなことはないような気がします。

いつも行っている本屋さんには たくさんの人があふれていて
(イオンの中にあるというのも いい影響かも)

本を自由に読むことができるスペースもあって長居ができます。
コーヒーショップも併設されているのもうれしいです♪


で、最近というわけじゃないけど
新聞広告をみて買った本。

たしか「コーヒーが冷めないうちに」というタイトルだったと思います。

今手元に その本がないので
作者もちょっと忘れちゃって申し訳ないです^^;

ある喫茶店を舞台にした短編小説です。

過去に戻って
どうしても会いたかった人に会う というおはなし。
簡単に言うと・・・。


過去に戻るというのは
過去に戻っても、起こっている過去の出来事は変えることができないので
どうしようないんですけど。

過去に戻って会いたい人に会う なんて
ちょっと考えただけでも
ハッピーエンドじゃないというのは分かります。


今 会えていないのだから
過去に戻ってでも 会いたいのです。

会えるのは 喫茶店で入れられたコーヒーが冷めない間だけです。

せつないストーリーばかりがギュッと詰まっていました。

コーヒーが冷めないうちに
戻ってこなければ 現実の世界でも生きられない・・・。

読み終えると 大きなため息。
広告には「4回泣けます」なんて書いてあったけれど
涙があふれるというよりも
なんともやるせない気持ちになりました。


私も過去に戻って会いたい人はいるけれど
でも 会ったところで「いない」という現実は変えられない。

言いたくても言えなかった言葉はいえるかもしれませんね。

秋の夜長に もう一度読み返そうかな と思います。







  


Posted by ひるのひととき at 16:02Comments(0)

2017年09月11日

いろいろな本を読むのが好きです

小さい頃から本を読むのが好きでした。


小学校1年始の時、昼休みに
担任の先生から図書館に連れて行かれたことを覚えています。

なぜだか、昼休みに
たしか 私だけ連れて行かれたような記憶なんですよね~

ひとりでぽつんと居るような女の子でも
なかったと思うのですが。

まぁ、いいですけど記憶違いということもありますから。


でもとにかく その時に図書館に行ったのが
はじめてです。
学校で本を借りたのも最初。


たしか「はちかつぎひめ」でした。
よく覚えているでしょ(^^)

内容はどうだったかなぁ

あんまり覚えていないのですが
いつも鉢をかぶっているお姫様がいて・・・
途中 省略しますが
最後は鉢がとれて 中から宝物が・・・だったかな。
最後はお殿様とめでたしめでたし。。。だったような気がします。



それから よく本を借りるようになりました。
本を借りることを推奨されていましたし
よく借りてよく読むようになりました。

本が好きでした。
ジャンルは物語が多かったですね、ハッピーエンドになる。


ももちゃんシリーズをはじめ、○○シリーズとか
あ、「星の王子さま」も読みました。

これはプレゼントされました。


図鑑とかもよく見ましたね。
家には○○全集というものがあって、
休みの時にはゴロンと横になって、よく読んでいました。

決して間違ってほしくないのが
内向的だったという訳ではありません。

本が好きだったのです。

高校になると部活と勉強が忙しくて
なかなか思うように本が読めなくなりました。
今思うと、時間を作ってもっと読んでおけばよかったなと思います。

夏休みの宿題での読書感想文を書くために読んだくらいですね。


それから絵本も好きです。
子どもにもたくさん読んであげました。
でも もっともっと読んであげればよかったと
ちょぴり後悔・・・です笑


夜、寝る前には必ず読んでましたね。

「はじめてのおつかい」とか「みんなうんち」とか
「いないいないばぁ」とか
ノンタンシリーズも好きでした、親子で。



本やさんにいると
時間があっという間に過ぎてしまいます。

どんな本があるのかとか、どれを買おうかなんて
いろいろと見て回るのが好きです。

そして買わない予定なのについ買っちゃう。


残念なことに 買ってみたものの
おもしろくなくって 冒頭部分しか読まなかったという本もあります。

冒頭部分って大事ですね。「つかみ」というヤツです。

今日は徒然に 書いてしまいましたが
次回からは
最近読んで面白かった本、難しかった本
または役に立った本などなど
いろいろとご紹介をしていこうと思っています。

楽しみにしていてくださいね。





  


Posted by ひるのひととき at 15:42Comments(0)